夏のインフルエンザはどこからくるの?

インフルエンザにかかる可能性は冬だけではありません。
実は、夏にもインフルエンザになることがあります。
インフルエンザは型があり、A型、B型などが良く耳にします。
近年、ウイルスは海外から入ってくることが多く、とくに東南アジアからの侵入が多いでしょう。
インフルエンザの発症は古く、鎌倉時代とも平安時代とも言われており、当時は医療技術が現在よりも進んでいなかったため、はっきりとした原因が分からなかったと言え、当時は名前がしっかりとした名前がついておらず、死亡原因が原因不明であったのです。
ただ、この当時から冬の定番であったこの病気も、現在では夏にも患者が増えました。
考えられるひとつの原因として、対抗薬の開発があります。
インフルエンザ治療に使われる薬としてタミフルやリレンザ、イナビルなどは有名です。
さらに、予防用のワクチン開発も進み、体にあらかじめ抗体をつけておくことで、外からのウイルスに対抗することで感染予防とします。
ですが、様々な方法でウイルス感染をブロックするも、薬品開発が進むたびにウイルスが増強している側面もあり、薬に頼って病気を治す人間の身体の抵抗力は衰え、逆に人の免疫機能をすり抜けてウイルスが進化しており、冬場だけに活躍していたウイルスが夏場にもその脅威を発揮し、夏でもインフルエンザウイルスに感染する人が増えました。
インフルエンザウイルスに感染すると38度以上の高熱が出る特徴があり、悪寒やふらつき、食欲不振など、酷い症状では手足のしびれや痙攣、呼吸困難など命の危険にさらされることもあります。
夏場は外気温が高いことから、さらに体温を上昇させる可能性が高くなるため、夏場に熱が出た場合、早めの対処を考える必要があるでしょう。

夏のインフルエンザはここが辛い!

もともと日本国内で流行するインフルエンザは冬の乾燥気候の中で強い感染力を発揮するような特徴がありましたが、最近では世界の人の流れが盛んになったこともあって海外からインフルエンザウイルスが持ち込まれるというケースがかなり多く見られるようになりました。
その中で見られるようになったのが、本来流行しないはずの夏のインフルエンザです。
ではこの夏のインフルエンザはどういったところが辛いのかというと、まず注意が必要なのは「症状が悪化しやすく、インフルエンザと気付きづらい」という点です。
夏場は慢性的に水分が不足しやすいうえ、また夏バテで栄養バランスが崩れることが少なくありません。
そうした中でインフルエンザに感染してしまうわけですから、もともと予防の意識が高い冬と比べると症状が悪化しやすく、かつ自分が感染したと気付きづらいという特徴が出てくるわけです。
実際に感染した時の症状としては38℃以上の高熱、関節痛や筋肉痛、また体のだるさや寒気といったように冬のインフルエンザと同じであることが多いのですが、実際に病院を受診した人は「まさか夏に感染するとは思わなかった」と感じる人が多いのです。
またこれらの熱以外の症状、特にだるさや頭痛といったような症状に関しては夏バテと誤解しやすいものだという点も気を付けるべきポイントです。
夏バテだから寝ていれば治る、夏バテだから他人には感染しないといったように考えてしまうことは、言うまでもありませんが感染を拡大する大きなリスク要因です。
インフルエンザが冬しか流行らないというのはもう過去の話になっていますから、冬ほど神経質になる必要は無いとは言え夏場でも人が集まる場所に行く時はマスクを着用する、うがい手洗いは徹底するといった最低限の予防は習慣づけましょう。

一年通してインフルエンザにならない努力を

インフルエンザはウイルスに感染することで発症する症状です。
しかし勘違いしてはならないのは、感染したからと言って100%、インフルエンザを発症するわけではないと言う点です。
つまりたとえウイルスに感染したとしても、免疫力が高ければ症状を発症することなく終わることもあると言うことです。
免疫力とは、ウイルスなどの異物に対する体の抵抗力、防御力と理解することができます。
そしてこれは年齢やその人のライフスタイル、体力などによって大きく左右されます。
ですから年間を通じてこの免疫力と言うものを意識した努力を行うことが、インフルエンザにならないためにできる行動と言うことができます。
それには、何も特別なことを行う必要はありません。
睡眠をしっかりとる、バランスの良い食事を摂取することが基本で、なるべくストレスとは距離をとること、もしそれが難しいようなら、ストレスをうまく発散することが追加されます。
またインフルエンザが流行しかかっている時には、少し疲れを感じた場合でも、無理をせずに休息をとることも必要です。
無理のない範囲で、体力をつけ免疫力を高めるために運動を始めてみるのも良いかもしれません。
それからインフルエンザ予防と言えば、うがい、手洗いの励行です。
ただしウイルスを洗い流すために行ううがい、手洗いには推奨されている方法があり、それを守らなければ効果も半減してしまいます。
こうした方法は簡単にできると思いがちだからこそ、実際にやってみると不十分であると言うことも起こり得ます。
ですから年間を通して、うがい、手洗いを正しく、丁寧に行う習慣を持つと言うのも、インフルエンザにならないための努力と言えます。
特にインフルエンザにかかると症状が重症化しやすい高齢者や乳幼児に対しては、この必要性は高いです。

トップページへ