インフルエンザの予防接種や薬の飲ませ方について

日本に冬には各地の学校で学級閉鎖が見られます。また職場によっては体調不良で欠勤する人が増える傾向にあります。これは日本では冬にインフルエンザが大流行するためです。インフルエンザに感染すると、高熱に見舞われるだけでなく激しい頭痛、嘔吐、下痢、関節痛が見られるようになります。そのため日常生活がままならず、学校や職場を休む人が増えます。特に子供は咳エチケットなどの知識がなく、手洗いうがいを徹底しないことから飛沫感染や接触感染が拡大する傾向にあります。子供がインフルエンザに感染すると免疫力が低いために脳症や肺炎を併発することも珍しくありません。最悪の場合、死に至るケースもあるので特に注意が必要です。こうした最悪のケースを避けるためには予防接種が何よりも大事です。予防接種で抗体を体に作ってしまえば、感染リスクは飛躍的に低下します。また万が一インフルエンザに感染してしまっても予防接種していれば、重症になることはないと言われています。学校や幼稚園では任意で集団接種なども行われているので、予防を万全にしたければ接種すると良いでしょう。しかし予防接種などで感染対策を万全にしていても免疫力が低下しているとどうしても感染することがあります。こうした場合にはすぐに医療機関を訪れ、専門の治療薬を処方してもらうことが大事です。インフルエンザは肺でのウイルスの増殖を食い止めなければ症状が緩和することがありません。医療機関で治療薬であるタミフルやリレンザを処方してもらい服用することが賢明です。タミフルは錠剤であり、比較的大粒であることから子供には飲ませ方が問題になります。できればリレンザという粉末役を処方してもらうと、服用が簡単であると言えます。リレンザは粉末の吸入薬になります。

トップページへ