インフルエンザ:国内感染と自然治癒など

インフルエンザでの国内感染については、毎年のように流行をしています。

国内感染だけで済めばいいのですが、海外に渡航、旅行などをされた人がいる場合には、当然、そこの国でインフルエンザが流行していた場合、渡航した際にその細菌までも日本に持ち帰ってしまうというケースがあるため、そちらが大変、怖いものです。

実際には、海外渡航をした際には、空港などでチェックなどが厳重にされていますが、場合によっては、国内、日本にも新型のインフルエンザが流行してしまうことがあるのです。

これは特に、首都圏である東京や名古屋など、多くの人が密集している地帯で起こりやすいとされており、自然に生活していても、このようにインフルエンザにはかかってしまいます。

そのため、予防対策としての、しっかりとした除菌などが求められていますが、忙しい人ほど、このような除菌対策を怠ってしまい、結果として、インフルエンザに感染してしまうケースがあとを絶ちません。

また、このようなインフルエンザになってしまった場合、すぐに病院で処方箋を出してもらうこと、点滴などや注射などを打ってもらう、このことで自然に治っていくものですが、このような時期に無理な運動をしたり、激しい運動などやお風呂などに入ってしまうと、自然に治るはずだったインフルエンザが、またぶり返し、さらに体調が悪化してしまう、このような構図になっています。

そのため、完全にインフルエンザの細菌などが体から出ていくまでは、無理な運動や仕事に行くこと等も、避けなければなりません。

また、人込みに入ることは、二次災害を起こしてしまうので、絶対に注意が必要であると同時に、他の人に、迷惑がかかってしまいます。

トップページへ