日常の足として利用することはもちろん、運送などでも大活躍している自動車ですが、自動車関連にはさまざまな種類や役割が存在しており、こういった役割以外にも、広告や宣伝といった目的で利用されることもあります。

それがラッピング車両であり、おもにイベント会場や街中などを走行している姿を見かけることがよくあります。もっともラッピング車両は、自動車関連なら普通の乗用車だけではなく、トラックやバスなどの大型車両にも存在しています。とくに大型車両の場合、それだけ広告の範囲が大きいため、よりインパクトがあって目立ちます。

しかもそれが路線バスとなると、定期的にさまざまな場所を走行および停留所などで停止しているため、多くの人たちの目に入りやすいといったメリットとともに、綺麗なラッピングを施された路線バスなら、普通の路線バスよりもスペシャル感があるので利用者からも喜ばれます。ちなみにこういった目立つ車両については、自動車関連の中では昔から存在していました。

ただし昔のものは今よりもシンプルかつ規模も小さかったですし、車両本体にペイントを手作業で施すといった方法が主流だったので、どうしてもラッピングのような複雑かつ細やかな模様や柄は実現不可能でしたし、使用するカラーについても限度がありました。しかも完成まで時間もかかりますし、その分コストについてもどうしても高くならざるを得ない状態でした。けれども今はラッピングなのでシートで包むだけで完成するので時間も手間もかからず、コストも抑えられるようになっています。
路線バスのラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *