多くの自動車関連業界も注目するラッピング広告は、電車や路線バス、あるいは営業車などの乗用車などで近年よく見られる広告宣伝方法です。

特に路線バスは大きな広告面積を持っていて移動する広告塔ですから大変な宣伝効果を持つものです。道を歩いている人に目に容易に目に入り、長く視界に入りますから多くの人の目に触れる効果抜群の宣伝方法です。路線バスはさまざまなエリアを走りますから、走るエリアによって宣伝内容を変えれば効果的です。都市部を走る路線バスのラッピングには全国展開する新製品や若い人が欲しがる製品の広告、地方であれば生活を豊かにする家電品などの写真のラッピングなどと、地域の特性に合わせた宣伝も簡単に、容易に行なうことが可能です。

バスは側面の面積が広く、その有効性を考えるとラッピングの静止画のみならず、動画を映すデジタルサイネージ化も可能性があります。サッカーなどのフィールドでよく見る、細長い液晶パネルです。自動車関連業界とタイアップすればこの宣伝方法・構造は比較的容易に実現できそうな気がしますがどうでしょうか。あるいは宣伝ではなく、短い文でニュース速報を流すことも可能であると思われます。

あまり視覚的な効果を打ち出すと、当該バスの周辺を走行する車両の運転手の前方不注意に繋がるとも考えられますが、動画でなく静止画を表示する大型液晶パネルを設置することも、自動車関連業界は試行していいのではないかと考えますがどうでしょうか。今度は警察関係者から注文を付けられる気もしますが。そのときはときどき「安全運転」という表示をときどきさせることで納得してもらえると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *