路線バスは街中で見かける公共交通の代表です。

利用する方も多ければ、自分は乗らないが見かける機会は多いです。車体も大きく、スピードも一定ですので自然と目につきます。その特徴や公共性の高さを利用してラッピング広告に生かすとアピール度と信用性の高さの両方で自動車関連の中でも高い効果があがります。路線バスは公共性が高いので、それだけラッピングの内容にも審査が高くなりますので、信頼がおける企業の宣伝と思われます。実際は違法性がなく健全な企業の宣伝であれば特に問題はないので、条件が厳しいわけではありません。

そのため広告のイメージの良さと申し込みの手間とを比べるとお得で費用対効果の高いアピール方法の1つであると言えます。路線バスだとバス停ごとに止まりますので、その間は静止宣伝としてじっくりと見られます。バスを待っている方、布巾を通った方にも目に入るので、少しでも興味がある方には頭に残りやすいです。他にもいろいろなラッピング車体がありますが、自動車関連の中ではイメージの良さや安心感ではトップクラスです。

また、バスの特有の目立つ存在、動きはラッピングに適していますので、自動車関連を使ってアピールを考えているなら路線バスはおすすめです。比較的広い世代が目に入れるバスの車体ですから、幅を持った宣伝もできますし偏った年齢層ではなく多くの方にまずは知ってもらいたいというときにも最適です。ラッピングする場所を選ぶことで大きな差が出てきますので、よく吟味しましょう。
路線バスのラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *