現在は、さまざまな建物や商品に広告が貼り付けられ、商品の販売やサービスの利用を周知する手段に大きく活用されています。

そのひとつの方法に、鉄道やバスの車体に広告を張り付けるラッピング広告が広く活用されています。特に、バスにおいては普段目にすることが多い路線バスの車体にラッピングを行う事例が多いです。路線バスのラッピング広告は、通勤や通学で活用される方に抜群の宣伝効果を発揮します。今や贅沢品ではなく必需品となりつつある自動車関連の販売においても、このような広告を活用する事例が増えています。

ラッピング広告における最大のメリットは、名前を知っていただくきっかけとなることです。自家用車を購入する際は、車種の知不知により関心が大きく異なる傾向にあります。普段から自社製品を目にしてもらう機会を創出することで関心を高めることが狙いとなります。自動車関連の製品は、値段が高く日用品などの購入と比べて、購入頻度が低く、広告機会の多少により販売台数の実績に大きな影響を及ぼすとも言われています。

自動車関連産業としては、ユーザーに押し付けにならない程度において自社ブランドを広めていく方法を模索しているのが現状です。路線バスにおけるラッピングは、普段の生活に馴染ませながら、人々の記憶に留めていただく手段として、有効性の高い方策です。路線バスにおける広告は週単位やつき単位で多額の費用捻出となりますが、それ以上の大きな効果を発揮するものとして自動車関連産業内で有効な手段として注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *