趣味で使用するボートのラッピングを行うことができます。

業者によっては完全オリジナルデザインのラッピングを行うことができる場合もあります。工法については、伸縮性のあるフィルムをボートの形状に合わせて貼っていくと考えて間違いありません。船体にはコーナー等もあり、綺麗にラッピングを行うには高度な技術が求められます。実績のある業者に依頼することをお勧めします。ラッピングを行うと、趣味で使用する際楽しい気持ちになりますが、それ以外にもメリットがあります。

船体に貼ることになりますが、傷の防止や紫外線による劣化を防ぐことができると考えて間違いありません。ラッピングに関しては、シールを貼るように一部だけに模様を入れたり、趣味で使用するボート全体を覆う方法もあります。デザインについては、専任デザイナーに手伝って頂くことができる業者も存在すると考えてよいです。内装にも行うこともできます。

どのようなボートに行うことができるか、不安を感じる方もおられるのではないでしょうか。アルミやジョン、FRP等、ほとんどのタイプに行うことができるため、心配する必要はありません。初期接着は弱い状態となり、加工後は3日程度水に浮かべることができないため、注意する必要があります。また、加工後は手洗いを行うとよいかもしれません。水拭きした後は水分を拭きとるよう注意するとよいです。耐久年数は保管環境や使用状況により異なりますが、3年程と考えておくとよいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *