貸切バスをラッピングするメリットは、他車と識別することができるといったことがあげられます。

以前は会社のイメージカラーに合わせた塗装をすることが一般的でしたが、塗装の場合には時間も手間も掛かりますし、何よりも表現できるものが限られます。塗装ではラインを引く程度できれいな図柄を描くことは難しいものです。その点で、ラッピングは簡単に貸切バスのイメージを大きく変えることができます。ラッピングは包むという意味ですが、貸切バスのラッピングする場合には特殊なフィルムを車体に貼り付けることを意味します。

この方法は路線バスや電車などで使われるようになっており、カラフルなものを見ることが可能です。フィルムは色付きのもののほか無地のものに大型のインクジェットプリンターを使って印刷することも可能で、この印刷によって写真を貼り付けたような車体を作ることも可能です。一方でカラーや図柄を表現するといったメリットのほかにもフィルムによって表面が保護されるのも大きな特徴です。

貸切バスの場合にはリースで借りていたり、将来的にはバスを売却することも考えられます。このさいに塗装をするよりもラッピングフィルムを使用した方が、ボディを傷つけずに済みきれいな状態を保つことができます。特にフィルムの耐用年数からリースで貸切バスを購入している場合には、返却時期と耐用年数がマッチするので、きれいな状態でリース会社に返却することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *