貸切バスにはラッピングをすることができます。

まず、ラッピングをすることでどのような利点があるかというと、宣戦したい会社のロゴマークやイラストなどの広告を車両に張り付けることができるという点にあります。つまり、街中をその車両で走り回ることで、その広告を見てくれる人が出てくるということになります。また、貸切バスのような大型の車両は広告も必然的に普通の自動車よりも大きくなりますので、宣戦効果も期待をする事ができます。

実際に、どのくらいの人々が広告を見るかというと、一キロメートル貸切バスが道路を走行したとすると、統計からするとおよそ400人は見ていることになります。また、一日170キロ走った場合には、6万5千人以上もの人々が広告に注意を払っています。そのため、人が多ければ多いほど、走れば走るほど多くの宣伝効果を期待することができます。塗装をするという方法もあるでしょうが、その場合にはペイントを直接に塗ることになるので、イラストなどを変更したいと思った場合には、車両ごとを変更しなければなりません。

特に貸切バスの場合はなおさらです。しかし、ラッピングをする場合には、フィルムに印刷をしてから張り付けることができ、フィルム自体は簡単に取り外しを行うことができるので何回でも同じ車両を使いまわすことができて、非常に経済的です。多くの企業でもラッピングは採用をされおり、街中では、様々な種類のラッピングカーが走っているので、その普及率を実感できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *