人目を引くデザインがラッピングされた貸切バスというのは、意外と低コストで実現可能であることは業界人以外には余り知られていないものです。

とにかく大掛かりな広告費がかかっているように見えるのですが、その実態は低いコストで高い訴求力をもたらしてくれることから、利用する企業やメディアが増えているのです。最近では、新しいテレビドラマやアーティストのアルバム発表、そして新商品の宣伝のためにラッピングされた貸切バスを利用するところが増えているのです。巷には広告で溢れかえっています。

広告業界が以下に儲かる業界であるかは、街中を見渡せば一目瞭然のことなのです。特にテレビコマーシャルは膨大な費用がかかっていると言われています。1つのCMを作るために多くの人が関わっており、十数秒であれどテレビ画面を独占することができることから、広告費は高く付くのです。

それに比べてラッピングバスの広告費は1ヶ月あたり30万円から40万円ほどなので、規模の小さな会社でも手が出せるレベルの広告媒体です。CMに比べたら破格の安さであることは言うまでもありません。貸切バスの利用料と宣伝費、そして施工費などを合わせても100万円程度で利用することができるとあって、最近ではキャンペーンにもしばしば活用する企業が増えてきました。東京都内のような人が多い街中を走るだけで人目につくことができるため、高い訴求力をもたらす広告媒体であるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *