イベント車両を使って宣伝や視覚的効果を得ようとしている際には、車体に対してラッピングを施す方法があります。

ペイントしてしまうと戻すことができない状態になるので、今ではこの方法がメインとして活用されています。専用のシートが販売されていて、平面に施工するだけの内容であれば素人でも簡単に貼り付けできます。市販されているカッティングシートを用いる方法でも問題はありません。一方で普通のカッティングシートではなく、少し本格的なイベント車両にしようとラッピングを希望している際には、ネット通販でも専用シートが数多く販売されているので、簡単に希望通りの色のシートを欲しいサイズで購入できます。

このタイプのシートは、柔軟性を持たせているものが該当していて、車体の曲面部分でも綺麗に貼ることができるように仕上がっています。手順は意外と簡単で、対象となるイベント車両のボディ部分にラッピングシートを位置決めした上で貼る方法です。専用のヘラを使う方法があり、中央付近からシートの外側に向けて気泡を抜いていく手順です。

曲面に関しては、ドライヤーを用いることでシートが柔らかくなり、温めながら施工することでシワにならない綺麗な貼り付けを行えます。シート上には文字入れを希望することがイベント車両では多いことになり、別途カッティングシートで文字を製作すると、簡単に貼り付けできます。このような自作品でもアイデア次第では十分に賄えますが、もっと上のレベルを目指すことを希望している際には、プロのラッピング施工店を利用することが最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *