フェスティバルなどの催し物を行う際に、いろいろな広告を考えると思います。

例えば大きくはテレビやラジオ、新聞広告などもあるでしょう。また地域情報誌やチラシなどもひとつの方法として有力です。これらの方法に加えて、ある地域の人に必ず目に付くようにするものに、イベント車両があります。イベント車両を巡回させれば、前出の各種媒体よりもより効果的にその地域の人たちにアピールする事が可能です。ただし、その車両を用意するのが結構大変と一般的には考えられていて、意外と利用されていません。

商売をされている企業であれば営業車にロゴやトレードマークを入れるのは常識でしょうが、これらは通常は塗装で行われて一度描いたら基本的にはそのままという前提だからです。効果的な宣伝方法のイベント車両ですが、こうした固定概念がネックとなって利用が進んでいません。これは非常にもったいない事です。実はラッピングという方法を用いれば実に簡単にこの問題が解決されます。

ラッピングは印刷されたフィルムをイベント車両に貼るだけというとても簡単な方法で、塗装に比べて工程も簡単で仕上がりもきれいですし、更に費用も抑えられるといういい事ずくめの手法なのです。期間限定で走らせたいイベント車両を作るのには持って来いの方法になります。ラッピングは基本的にはどのような車両にも対応可能ですし、ちょっと手先が器用な方ならご自分で施工する事すら出来るのです。こうした手軽なやり方なら使ってみるしかありませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *