キャンペーンなどのためにラッピングをしたイベント車両の宣伝効果は大変大きいと言えます。

特に大都市部ではそのイベント車両を目にする機会がおおいので、それだけ宣伝効果を高めることができるといえるのです。東京や大阪といった大都市を中心に、ラッピング車両を使って大々的なコマーシャルを実施する起業が増えてきています。例えば、映画の新作の発表やトレイラーの公開日に合わせてラッピングをしたイベント車両をまちなかで走らせることで、そのトレイラーへのスマートフォンからのアクセスの増加につながることを期待することができるのです。

こういった車両は高額な費用がかかっていると思われがちですが、1台あたりの費用はそれほど高額なものではありません。車両のレンタルにかかる費用と運転手を雇うための費用がかかるのみなので、テレビコマーシャルに比べると限定的な費用であっても、高い効果を期待することができるとあって、今多くの企業が活用しています。

その他にも、新商品の発表のためにラッピングを板イベント車両を新宿や渋谷と言った人が集まるところに配置することで、高い宣伝効果を得ることを可能とするのです。人目に触れる機会をとにかく増やすことが目的なので、人が集まるところに車を走らせるだけでその高い効果を得ることができると評判は高いです。車両も種類が豊富で、イベントのステージに変わる大型ステージカーからラッピングカーまで目的に合わせて使い分けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *