まずは会社名やサービス名を知ってもらうことが重要です。

知っていれば利用しようとしたときに候補に挙がります。底にも上がらないと話になりませんので、まずは名前をどんなサービスなのか、商品なのかを知ってもらうことがスタートですし、意外とここが重要で時間をコストをかけても良い部分です。そこで有効なのがイベント車を出して、そこに自社のラッピング宣伝をすることです。

イベント車は街中を走り回るので、人通りの多い場所で自然と目に入ります。そのため、他の宣伝方法と比べてスルーされてしまう確率が低く、とにかく目に留めてもらうことが高確率でできます。その上で分かりやすいラッピングデザインにすることでイベント車であっても、短時間で頭に入ってくるようになります。人間にとって自然な認知の仕方なので、効率的で効果も上がりやすい宣伝方法です。

ラッピングも時間がかからないので、実施までも比較的スピーディーです。イベント車は例えば土日に走らせるとか、走る場所によって年齢層もある程度想像できます。また、イベント車の大きさでラッピングでアピールできる内容の多さも変わってくるので、自分たちにちょうど良い、無駄がない宣伝もできます。

意外とコスト面から見てもお得で、その上アピールしたい方を絞れるので効果的でもあります。見てもらう宣伝から見てしまう宣伝にすることができるのが強いですし、自分たちでコントロールできるのも使いやすい方法と言われる理由です。
イベント車のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *