イベントを開催する際や商業施設の宣伝のために使われる宣伝カーは、意外と簡単に作成できます。

しかも一度ラッピングしてイベント車仕様にしてしまえば、その後も何度も繰り返し使い回すことが可能です。さらに他の宣伝方法と違い、使うたびに費用がかかるということもありません。また一か所に設置したまま動かせない看板と違って、ラッピングしたイベント車は道路や駐車場があるさまざまな場所に移動できます。そこですれ違った車両の運転手や歩行者など、いろんな方の目に触れることも期待できるはずです。

ラッピングしたイベント車両はそんな動く看板として、通常の広告ではできないような小回りの利いた活動ができます。他にも送迎車として使用した場合、集客のための便利な目印としても機能してくれるでしょう。それによって客が迷わず送迎者に集まってくれるので、結果的に迷子を減らせるうえ送迎のための時間短縮ができます。そのようにいいことずくめにみえるイベント車両のラッピングですが、一部デメリットがなきにしもあらずだったりします。

たとえば施工するのに、それなりの費用と時間が必要になる点です。したがって実行するには時間的な余裕と、デザインに使う予算を必ず準備しておかなくてはいけなくなるでしょう。そして一度施工した後で元に戻す際、車両に施してある塗装の耐久度によっては剥がれてしまう可能性があるのも問題です。イベント車両をラッピングする時は、そうしたマイナス面も考慮したうえで導入しなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *