ラッピングは、専用のフィルムを使って車体と覆ってしまう技術です。

車体の構造に合わせて加工したフィルムを事前に印刷しておき、車体に貼り付けることでデザインを塗り替えることが可能です。この技術のポイントは、既に車体に施されて塗装を取り去ることなく作業できる点で、通常の塗装と違って作業日数も車体へのダメージも大幅に軽減されます。そして、デザインを変えたいなどの事情が出来た場合には、フィルムを簡単に剥がすことが出来るのもラッピングの大きな特徴で、フィルムを剥がせば元の塗装の状態に戻ります。

ラッピングは、電車やバスなどの公共交通機関での広告掲載に使われるなどしていることからも、有効性と安全性が評価されているものだと言えます。これらの特性を踏まえて考えると、イベント車への適用は最も適していると言えるでしょう。短期間で集中的に投入する必要があるイベント車は、企画が持ち上がってすぐに作れないといけません。

また、期間が終了したら速やかにデザインを変える必要もあります。イベント車専用の車両を用意出来ない場合には、一般車両を臨時でイベント車に代替したいところですが、塗装となるとかなりハードルは高くなります。しかしラッピングであれば、原状復帰の容易さからこうした臨時投入も可能になり、対象者の募集の幅もぐんと広くなるでしょう。イベント車の広告効果は、投入する台数に比例しますので、ラッピングのような効率の良い方法を採用すれば、よりメリットが出ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *