広告を掲載して街中を走行する車のことをイベント車両と呼びます。

広告以外にも奇抜な色やデザインが施されているイベント車両もあり、何かしらの宣伝を目的で人目が付きやすい通りや駅前などを回るのが特徴です。自分の車をデザインすることもできるラッピングはイベント車両に使われていることが多い素材もしくは施工方法です。シールのような特殊なフィルムに印刷を行い、それを車体に貼り付けるのがラッピングの特徴です。

デザインを変更したい時には、フィルムを剥がすことで新しい広告やデザインに変えることができる、利便性も兼ね備えています。イベント車両の場合は、一定期間の中で同じ広告やデザインを施し、期間が過ぎた後は別の宣伝カーとして利用するケースが多い関係からも、簡易的に使える素材が望ましいわけです。塗装で施工する方法もありますが、塗装をきれいに落とすためには下地を削るなどで、車の表面に傷を付けることになります。

きれいに落とせない場合には研磨しなければならない、これでは新車も台無しになりがちです。その点、ラッピングの場合は下地へのダメージがないこと、専門家に依頼すればきれいに剥がして貰えて、新しい広告などを施工できるわけですからイベント車両の使い回しの際にも安心です。

ラッピングの魅力は施工が容易にできることもあるため、施工に掛かる時間を短縮できるメリットも持ちます。スケジュールが詰まっている時なども、短期間でデザインや広告を変更できるため効率的に車を使えるメリットもあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *