ラッピングが施されてイベント車を街中で見かける機会は多いです。

ラッピングはシートにフルカラー印刷をすることができるため、自由度の高い宣伝をすることができます。このアピール力はとても高く、印象に残っているという方もいるのではないでしょうか。移動宣伝をしているイベント車の代表的なのは大型トラックで、キャンペーン情報を告知している機会は多く、都心部なら毎日見かけることも珍しくはありません。

イベント車の宣伝は、ずっと同じものを宣伝しているわけではないため、時期が来たら元に戻す必要があります。ラッピングは、簡単にシートをはがすことができるので、別の宣伝を始める時にはまた同じ車両を使った宣伝が可能です。塗装なら時間がかかりますし、車両に手を加えてしまうため資産価値も下がります。ラッピングはそれがないので、今では塗装をするよりもこちらを選んでいるケースが多いと思われます。

イベント車のアピールの仕方は様々ですが、自由度の高さから塗装ではできないような宣伝も可能です。例えば、わざとダメージを受けたようなデザインを印刷して貼り付けることもできますし、カーボン調のシートもあるので見た目をフルカーボンにすることもできます。シートに印刷をして貼るので、写真や凝ったロゴなども自由自在に取り入れられるので、効果的な宣伝をしたいという広告主の要望にも応えてくれます。意外と長持ちするので、ある程度長い宣伝に活用することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *