クルマに関するニュースの中で、最近注目されているのがラッピングカーと呼ばれるものです。

その名の通りクルマを薄いフィルムでラッピングすることを言うのですが、そのフィルムは色づけされていたり、模様や字が印刷されていたりして、クルマのボディに貼り付けることによって、美しいデザインを楽しんだり、宣伝広告に利用したりすることができるようになります。代表的なラッピングカーを紹介すると、路線バスやトラックなどの宣伝広告です。

大きなボディが特徴のバスやトラックは、ラッピングカーとして利用するのに最適です。様々な宣伝広告をラッピングすることによって、動く宣伝カーとしての役割を担うことができます。企業にとっては、新たな企業広告の媒体として注目されており、また路線バスなどにとっては貴重な収入源となっています。不特定多数の人が目に触れることになり、大きな効果が期待されています。

また、個人でラッピングカーを楽しむ人たちも少なくありません。ボディカラーを変えたり、好きな絵をデザインしたりして、思い思いに楽しんでいます。ペイントに比べると写真のような繊細で正確な表現が可能となることや、剥がせば簡単に元に戻すことができるというのが最大の魅力です。専門のラッピング業者は徐々に増えており、デザイン会社と提携して活動の幅を広げています。費用は業者によって異なりますし、ラッピングを施工するサイズによっても異なりますので、確認すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *