ラッピングカーとは名前の通り、インクジェットプリンタで装飾を施したフィルムを使い装飾し車体や荷台などを装飾している車両のことを指します。

ラッピングカーを用いるメリット、デメリットについては以下のようなものが挙げられます。メリットとしてはデザイン性の高さや車の資産価値の維持、大きな宣伝効果の期待などがあります。基本的にラッピングカーのデザインではPCを用いるため高度な表現などが可能で、車体に塗装せずフィルムに塗装をするということが可能なのでフィルムを剥がせば元の車に戻ります。

宣伝効果についても塗装をした車が人通りが多いところを走るだけでも大きなものが見込め、SNS等で拡散される可能性もあります。全体的に内容の変更や大きな宣伝効果が期待でき、臨機応変な対応ができます。デメリットとしては料金の高さや耐久性、フィルムの上からの補修不可などがあります。フルカラーのラッピングを施した場合、料金は60万~80万円程度必要になり、フィルムの耐久性上、3年に1度の張替えが理想的です。

更に、フィルムの上から傷をつけてしまった場合研磨などの補修をすることが出来ないため、丁寧な使用等が望まれています。洗車は大丈夫ですが、ワックスの使用は非推奨です。ラッピングカーは価格や3年という寿命がありますが、短期的なPR効果は大きなものが見込まれるので短期に集中して行う宣伝等に合うものになっています。逆に長期的な宣伝活動に関してはコスト面からしても最終的に得られる利益は少なくなってしまいます。そのため会社等の宣伝よりも、イベントの宣伝等に向いている広告媒体になっています。今後のこの広告手段にぜひ注目したいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *