ラッピングカーに仕上げる際には、高品質なラッピングシートを用いることは優先すべき内容です。

どのようなシートが該当するのかと言えば、有名ブランド品は勿論のことですが、それ以外でも活用可能なタイプも存在しています。ラッピングシートは曲面に施工でき、ヒートガンで温めながら施工する方法でシートを伸ばす方法なので、伸びが良いシートということは大前提です。あまり柔軟性に優れていないシートの場合、曲面に貼ることが難しい状態になり、綺麗なラッピングカーにすることができません。

更に伸びが良くてもシートが薄過ぎたり固すぎる場合でも問題は起きてしまいます。熱を加えて伸ばした際に、シートが破れてしまうという低品質なシートも存在するので、この確認は十分に行うことは最低限必要です。高品質な要件の中にはもちろん耐候性の観点も挙げることができます。ラッピングカーは屋外で利用するものなので、太陽光で簡単に色落ちがしてしまったり、雨により模様や柄が無くなってしまったり、寒さによって亀裂が入るようでは問題です。

品質の良いタイプは耐候性に優れていて、基本は5年以上の耐候性を維持していれば十分と判断できます。耐水性や耐油性にも問題の無いシートの場合は長期間にわたって綺麗なボディを保てる要素は整っています。プロの施工店にラッピングシートの施工依頼をすることでは大きな問題はありません。プロが使うシートは高品質を謳っていることが前提になるので、まず安心できると判断しても間違いではなく、空気が中に入ってしまうなど施工技術での問題もクリアできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *