ラッピングカーが用いられるようになりましたが、最大の魅力は何と言ってもフルラッピングにあるのではないでしょうか。

一部分だけをラッピングする方法でも目的によっては成り立ちますが、最大限にボディを活かすにはフルで施工することで自動車を抜群のドレスアップ効果を発揮させることができます。フルラッピングの施工は個人が自宅で行うことも決して不可能ではありませんが、各パーツごとに1枚貼りをすることが正しい方法なので、用いるラッピングシートの幅や長さが十分にあることが条件です。通信販売を利用すると目的のサイズのシートを購入できますが、フルラッピングの場合はプロの専門店に任せた方が確実です。

ラッピングカーに使うシートは熱で伸びるという性質を持っていることが基本になり、ヒートガンを当てながら作業を行うことが決まり事です。そのため、1人で作業を行うことにはかなりの技術力が求められるので、専門店に任せた方が失敗してしまうリスクを回避できます。専門店でもラッピングカーを制作するには3日前後の日数が掛かる作業なので、難易度は決して低くはありません。フルラッピングの施工ではシートの切れ端が見えない部分にあることも特徴です。

ボディを各パーツごとに施工する方法で、通常ではパーツの切れ目でカットラインを設けることや、ボンネットやドアなど開閉可能なパーツにおいては内側にカットラインを作ることも一般的です。その結果としてフルラッピングの場合はボディ全体を事前に決めたカラーや、自由なデザインで綺麗に統一することができる方法なので、仕上がったラッピングカーの存在感を最大限に引き出すことに最適です。唯一無二の自動車にドレスアップするにはペイントよりもお手軽な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *