街中で色々なイベントや商品を宣伝するためには、大きな看板がよく使われます。

最近では、内容をトラックなどの車体に書いて走らせるという手法も人気になってきています。ただ、ペンキ等で書いてしまうと期間が限定されるような場合には向きません。内容を変えるごとに、絵や文字を消さなくてはいけないからです。何度も内容を変更したい時は、ラッピングカーの方をお勧めします。ラッピングカーなら、簡単に取り替えることができるからです。

ペンキで描くのに対して、ラッピングカーは内容が印刷された専用のシートを車体に貼っています。剥がすことも可能なシートなので、期間が終わったら元の状態に戻すことが可能です。剥がしても車体に傷がつくことはありませんし、逆に貼ることによって表面が保護されるというメリットもあります。

シートを作る時は、印刷を専用の装置を持っている業者に依頼します。雨にぬれても滲まないので、天候に関係なく宣伝カーとして使うことが可能です。印刷するイラストはパソコンなどで作成しますが、カラーはもちろん細かいイラストにも対応しているので便利です。

長期間使いたい場合でも、ある程度の年月は持つので心配ありません。むしろ、貼っている期間は汚れなどから車のボディが保護されているのでメリットだらけです。電話番号が変わってしまったり、新しい商品を出したときなどイベント以外でもデザインを変えたくなる時はあります。そんな時、ラッピングカーを使っているととても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *