自分の愛車を手に入れても、ディーラーが用意している色がいまいち気に入らないという場合もあります。

こうした時に好きな色に塗り替える方も多い事と思いますが、そうなると先々いろいろと面倒な点も出てきます。まず塗装の場合には、現在の塗装を剥がしてから塗り直しをするので、どうしても車を傷めてしまいます。また、塗り直してはみたものの仕上がりに納得できないといった場合もあり得ますし、再度やり直すとなると相当の出費になってしまいます。それに純正の塗装でない場合には、将来の下取りの段階で評価が下がってしまう事もあります。

だからといって今の色のままでは満足出来ないという方には、ラッピングがおすすめです。ラッピングというのは、車専用のフィルムを貼り付けるだけの簡単なものです。これだと剥がれてしまわないかとか、破れやすいのではと思われるかもしれませんが、この特殊なラッピングフィルムは、電車やバスなどでも実績のあるものですから強度は心配ありません。

なおかつどんな形状にもカット出来るので、仕上がりは何かを貼っているようにはとても思えない完璧さです。現在の塗装の上から貼りつけることが出来るという点も手軽で、なおかつ剥がすことも可能ですので、下取りの際にはラッピングを落としてから持って行けばよいのです。ラッピングには車体を守る効果もありますので、経過年数に比べると本体が綺麗な状態に保てる点もおすすめのポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *