ラッピングカーが注目されるようになったのは最近のことですが、ラッピングカーという名前を知らない人も多いことでしょう。

ラッピングという英語は、プレゼントをラッピングするように物を包むという意味の言葉です。しかし、車をラッピングすると言われても、イメージするのが難しいかもしれません。ラッピングカーとは特殊な専用フィルムで車のボディを包むように装飾した車のことを言います。この特殊フィルムは柔軟性があり、温めながら伸ばすようにすると、凹凸があるようなところでも上手にラッピングしていくことができます。

ボンネットやルーフなどパーツごとに作業を行って、一台丸ごとラッピングしていくことができます。では、何の目的でラッピングをするのでしょうか。たとえば、乗用車のボディカラーを純正色にはない色に変えて、人との違いを楽しみたい場合に行います。

人気のマットブラックやカーボン調のフィルムを貼り付ければ、どこにも無いオリジナル性の高い車に仕上げることができ、人の目を惹きつけることでしょう。ラッピングカーの特徴は、どんなデザインでも可能であるということです。カラーリングを替えるだけでなく、フィルムに絵や写真、文字などを印刷して貼り付けることもできます。アニメのキャラクターを描いた車を見かけたことがあるかもしれませんが、あれがまさにラッピングカーで、通称「痛車」と呼ばれています。ちなみにデザインはパソコン上で制作が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *