愛車のドレスアップに最適な方法にはラッピングカーと呼ばれるものがあり、品質の良いラッピングシートを用いることで、外観を大きく変えることができます。

専用シートは以前からあるカッティングシートと似ているものですが、曲面に貼り付けることが求められるので、柔軟な素材で作られていることが特徴です。ラッピングカーにする前には、必ずやっておきたいメンテナンスがあります。愛車のボディを洗車することは当然のことですが、普通に洗車機に入れただけでは不足してしまいます。

ラッピングシートを貼る際には、少しの傷や埃でもシートの表面に浮き出てしまうので、綺麗で滑らかなボディにしておくことが求められます。事例としては鉄粉の問題があります。フェンダーからドア周り、テール部分にかけての範囲に付着してしまうことが多く、鉄粉除去用のスプレーを用いると簡単に滑らかにできます。次に油分がボディに付いている可能性もあるので、必ずメンテナンスでは落とすことは欠かせません。

油分などが付着していると、綺麗に貼っても後から剥離してしまうことは十分に想定できるので、カーシャンプーを十分に使う他に、フェンダーの内側や普通の洗車では手の届かない隙間部分においては、シリコンオフスプレーを利用する方法も便利です。傷が付いているボディにラッピングシートを貼り付けると、カラーによっては余計に目立ってしまうこともあります。傷は状態により違いはありますが、自動車専用のパテが販売されているので、埋めてからヤスリがけをして施工する方法で完成度の高いラッピングカーに仕上げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *