ラッピングカーへとイメージチェンジする際には、ボディに使えるラッピングシートにはカーボン柄があり、高い人気を誇っています。

カーボンの場合基本色はブラックになるものの、ブラック系でも艶の状態に違いがあります。3Dタイプがあり、こちらは艶消しのドライ加工になり、シックなイメージで貼りやすいことが特徴です。3D以外では4Dタイプがあり、こちらは艶が程良く付けられています。

4D加工の場合は少し厚めのシートに仕上がっていることが多いのですが、ボディに施工するには比較的向いており、高耐久を実現しているものが人気です。更に新しいラッピングシートには5D加工のカーボンシートも存在しています。十分な艶加工が施されているもので、独特の柄が浮き出て見えるような仕上がりです。数字が増えるごとに艶が増すということが基本とされており、ラッピングカーに使うには、利用者の好みにより使うシートを決めることが良い方法です。貼りやすさで考えた場合は、数字が低いほど簡単とも言われているのですが、例えば5D加工のシートでも、ベースは3Dとして販売をしているシートもあるので、この点に注目してみることも必要です。

カーボンシートはラッピングカー向けに広がりを見せていることも特徴になり、ブラック系以外でも、現在ではレッド系やブルー系、オレンジ系など非常に多彩なカラーリングのカーボンシートが販売されているので、まずは気に入った色を絞って、それから3Dから5Dなどといった加工状態で探すことで最適なシートを利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *