塗装をせずに見た目を大きく変えることができるラッピングカーはかなりの人気です。

オリジナルカーを作り出す際に簡単に施工することができる方法で、張り替えや張り直しも自由自在なことも人気の理由です。塗装とは異なりボディを傷めてしまうことがないこともメリットがあります。ラッピングカーは基本的には自由な発想で自由にデザインすることができる方法ですが、自動車の場合は法律を厳守してルールを破らない方法で施工することも忘れてはならないことです。

道路交通法や整備不良に触れてしまう内容もゼロではないので、事前に最低限の情報を把握しておくことが欠かせません。ボディの部分に対しては基本は全て施工は可能です。公序良俗に反するようなデザイン以外では、ボディ部分は全てラッピングカーにすることは可能です。注意しなければならないことは、ライト類や窓ガラスの部分です。ライト類はテールライトやヘッドライト、ウィンカーなどを挙げることができますが、これらはラッピングで潰してしまうことはNGです。

透過率の高いスモークタイプのラッピングであれば問題にならずに済ませられますが、特にヘッドライトはカットラインや光の量の問題があるので、注意が必要です。窓ガラスでは後部左右と真後ろだけは自由にラッピングできます。運転席と助手席、フロントガラスに施工すると車検を通せない場合が多々あるので、こちらも注意すべき場所です。きちんとルールを守ってラッピングカーにすることにより、優位性を感じながらカーライフを送ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *