ラッピングカーに仕上げた際には、その後の耐久性が気になってしまうものではないでしょうか。

特にフルラッピングを施した場合は、最低でも30万円以上の料金が発生するので、できるだけ長持ちさせたいと考えることは普通のことです。専門会社に依頼して施工した際には、品質の優れたラッピングシートを使っていることが多く、世界的に有名なメーカー品がいくつかあります。多くの施工店ではラッピングカーの耐久性は3年程度と表記していたり、5年程度と表記していたり、1年保証としていることが目立ちます。

この年数は決して長くはないと考えることができますが、耐久性を短くしている点には様々な理由というものがあります。自動車の取り扱い環境により大きな違いが生じてしまうことを挙げられます。屋外で屋根のない駐車場に停めている場合は、やはり紫外線や雨の影響を受けてしまい、耐久性は短くなります。ガレージなどに駐車させている環境下では、耐久性は長くできることも普通のことです。

自動車に乗る頻度というものも大きく影響します。通勤用として利用している場合は、最低でも週に5回以上は運転していると判断できますが、そうではない方の事例では週に3回程度の利用ということも決して少なくありません。乗れば乗るほど外気や天気の影響を受けやすくなるので、これをもって明確な耐久性を提示できないということになります。あまり乗る回数が少ない環境で、駐車場も充実しているようなラッピングカーの場合、施工店で5年と提示していても、それ以上の期間を持たせることは十分に可能と判断できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *