合宿免許のメリットとは

合宿免許とは、宿泊施設に滞在し、運転免許を取得するための教習を集中的に受けることを言います。

ドライビングスクールなどが近所にない人や、急いで運転免許を取る必要のある人などにとくにおすすめの運転免許の取得方法です。



ドライビングスクールに通って免許を取得する場合、普通車の免許を取得するには、生徒が集中する長期の休み近辺などではなかなか教習の予約が取れずに、3ヶ月以上かかってしまうこともあります。

合宿免許では普通車のAT(オートマ)限定が最短で14日間、普通車のMT(マニュアル)は最短で16日間で卒業することが可能です。但し、教習所や入校日などでも異なりますので注意が必要です。



合宿免許の場合は、予約などを個別に取る必要はなく、教習所側が卒業まですべて効率よくスケジュールを組んでくれている場合がほとんどです。

ですからスムーズに教習を受けることが可能です。
費用の面ですが、ドライビングスクールに通っている場合は、実技や検定に落ちたりするたびに料金がかかります。

合宿免許の場合は、ほとんどがパック料金になっていることが多いので、追加の料金がかかることは少ないのが現状です。

あとから追加料金を請求されることがないように、受講料や食事代、宿泊料などもパックになっているコースをおすすめします。


交通費も一部支給してくれる教習所もあります。
また旅行気分も味わうことが出来るのもメリットです。



時間のとれる学生さんなどが合宿免許が良い思い出になる場合も多いです。

Copyright (C) 2017 合宿免許のメリットとは All Rights Reserved.